認知症情報サイト >  一般の方 > よくある相談・Q&A > 2. 認知症の人と上手に向き合うために > [05] 対応に困る言動との向き合い方 > - 5.3 暴言・暴力 > すぐに怒ったり、物を投げたり、引き出しのものを出し入れしたり、止めさせようと必死になってしまいます。どうすれば上手に対応できますか

よくある相談・Q&A

- 5.3 暴言・暴力

すぐに怒ったり、物を投げたり、引き出しのものを出し入れしたり、止めさせようと必死になってしまいます。どうすれば上手に対応できますか

認知症の患者さんは、物忘れだけでなく、気持ちが不安定になる人が多いものです。原因としては以下の点を考えます。

(1)脳の障害の反映:血管性認知症では感情変化が激しく、歯止めが利きにくい状態になる人もいます。感情失禁といいます。アルツハイマー型認知症なども初期には気分が不安定な状態になります。

(2)物忘れが進んでいることや、いままで出来ていたことができなくなることへの強い不安があります。たとえ、物忘れの自覚がないように見えても、本人の心の底には漠然とした不安感が宿っているのです。そこから、「周りの人間が自分のことを悪くいっている」といった思い込みになり、逆に攻撃的になることもあります。

対処方法としては、本人の心理を理解してペースを守ってあげることなどをまず優先させ、それでもだめなら薬物療法をおこないます。主治医と相談してみてください。

(QID_0105)
独立行政法人 国立長寿医療研究センター