認知症情報サイト >  一般の方 > よくある相談・Q&A > 2. 認知症の人と上手に向き合うために > [02] 排泄について > トイレ誘導したら「今は出ない」と言うが、自発的に行く時は、間に合いません。どうすればいいでしょうか。

よくある相談・Q&A

[02] 排泄について

トイレ誘導したら「今は出ない」と言うが、自発的に行く時は、間に合いません。どうすればいいでしょうか。

排尿行動は、尿意があってから用を足すまで数々の作業からなります。認知症が進行すると尿意を感じたけれどトイレの場所パンツを下す動作が分からなかったりします。その為失禁してしまうことがあります。また歩行で間に合わず失禁してしまうこともあります。トイレの場所が分からなかったら大きく記載したり、トイレ動作が分からなかったら付き添い、声かけや介助が必要かもしれません。 またご本人さんの排尿がある時間を数日記録して、排尿ペースを知りその時間帯に声をかけてはいかがでしょうか。トイレの声掛けのタイミングが違うと私たちも尿が出ないのと一緒で、ご本人さんも拒否されたのではないでしょうか。タイミングよくトイレへ誘導するのはとても難しいと思いますが、何度か声をかけると「トイレ行こうかな」と思われるかもしれません。 その方の尿が出る時の行動を注意深く観察してみて下さい。例えばトイレへ行く前は落ち着きがない。ズボンのすそに手をやっているなどご本人さんからのサインがあるかもしれません。そして、もし間に合わなかった時ご本人さんはとても落ち込み、自信を無くされることがあります。大丈夫だと声をかけご本人さんの気持ちに寄り添ってください。

参考文献:六角僚子著 認知症ケアの考え方と技術 医学書院 / 三宅貴夫著 認知症ぜんぶ図解 メディカ出版

(QID_0064)
独立行政法人 国立長寿医療研究センター