認知症情報サイト >  一般の方 > よくある相談・Q&A > 2. 認知症の人と上手に向き合うために > [01] 食事について > 口から食事をとることができなくなっていて、主治医から末期と診断されました。どのような最期を迎えさせてあげればよいでしょうか

よくある相談・Q&A

[01] 食事について

口から食事をとることができなくなっていて、主治医から末期と診断されました。どのような最期を迎えさせてあげればよいでしょうか

【Answer】

口から食事をとれない場合は様々な原因がありますが、認知症の末期ではよくみかけることがあります。

少しの点滴を行い、静かに在宅なり、施設や病院で看取りをすることが良い方法と思います。その際には看護師や医師の協力が必要です。しかし中には胃ろう栄養や、中心静脈栄養をして延命を図ることもできます。

ただ延命を行うにしても、基本は本人の意思を推測して、本人の希望に基づいて支援できることが一番よい方法です。

(QID_0194)
独立行政法人 国立長寿医療研究センター